ありがとう

先日、ボランティアに行ってきました。

今までそういった活動とかしたことがなかった、と言うか実はちょっと抵抗があったのですが、母に付いていくだけだったのでまぁいいかと思って行ってみました。

私が行ったのは、デイサービスに来るおばあさん達の食事を作るボランティアで、料理を手伝ったり、洗い物をしたり…別に普段やってることをするだけなので大したことないなーって感じでした。

なんか「ボランティア」って言葉を今まで大袈裟にとらえていたような気がします。もっと軽い気持ちでもいいのかなっていうか…「誰かを助けよう!」とか「誰かの役に立とう!」とか意気込まなくても、自分が出来ることをやればいいんだなって思いました。
実際、役に立ったのかどうか…(^^;

でもおばあさん達にお茶を出した時に「ありがとう」って言ってもらえたのが何だか嬉しかったな。たったそれだけの事なんだけど、人に感謝されたってのが。
だからって別に「皆もやろう!」とかそんな事を言うつもりは無いし、面倒くさがりな私のことだから、もう二度とやらないかもしれないんだけど(^^;

なんかね、ちょっとある方のブログを見てて、んー何だろ…私も人にいっぱい迷惑かけながら生きてるんだけど、でもそのことばかりを考えるより、些細なことでも、自分がいることによって、誰かの役に立ってるのかもって考えた方がいいんじゃないかなって思ったんです。自分自身のために。一種の自己防衛的な考えかも…?(^^;

と、言うわけで、ちょっと個人宛てな記事になっちゃいましたが、スミマセン。コメント書けば良かったんだけど、その時はうまく言葉が見つからなかったので、ここに書かせてもらいました。
[PR]

by japapa1 | 2006-04-13 01:39 | 雑記