考えさせられる話・・・。

とりあえずこちらを読んでみて下さい↓↓↓

<子猫殺し>作家・坂東さん告白

どうしてこんなことが出来るのか、理解できません。

でも、私もミーをどうするのか迷っていた時、考えた事があります。もし保健所で『処分』と言う道を選んだなら、その『処分』されて行くところを見ておかなければならないと。自分が選んだその罪をしっかり目に焼き付けて、一生忘れないようにしておかなければならないと。

勿論、そんなことができるはずもなく、今こうしてミーを飼ってるわけですが・・・。

この人を信じられないとか狂ってるとか、責めるのは簡単です。

でもこの人だけを責めれば、それでいいのかな?

今も保健所で、どれだけの犬や猫が『処分』されているんだろう・・・。ただ自分の手で殺してないだけ。命が奪われていることには変わりない。。

うちのライは避妊手術してますが、たまに思うことはあります。生き物として一番大切な本能・・・子孫を残すという機能を奪ってしまったわけです。やっぱり1回でも子供を生ませてあげたかったな・・・って。

でも・・例え人間のエゴだと言われようと、可哀想な子犬・子猫たちをこれ以上ださないためには、やっぱり避妊手術はしなきゃいけないんじゃないかなって。

言ってしまえば『ペット』という存在自体、人間のエゴなんだから。

深く考えさせられる問題です。

でも一番思ったのは・・・この人が飼ってるメス猫3匹は、自分の飼い主が自分の子供を次々殺してることに気付いてるのかな。“自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び”・・・なんて言ってるけど、生んだ子供を次々と奪われて可哀相・・生むことだけが『生』の充実ですか?
[PR]

by japapa1 | 2006-08-24 12:41 | 雑記