病気のこと。

私は心療内科に通院するようになって、もう5・6年にもなるのですが、

今までなんだか、自分の病気のことをちゃんと知ろうという気持ちになれず、
なんとなく、「こういう症状は病気からくるのかな?」というような
曖昧な認識のままやってきました。

でもやっぱりちょっとは知っておかなきゃな、と思い直すようになって、
今日行った病院に小冊子が置いてあったので、読んでみることにしました。

ずっと自分の悩みの種でもあったこと、
「意欲の低下」や「集中力の欠如」
というのは、やはり病気からくる症状のようです。

ある意味ホッとしたのは、
病気が治れば、その悩みも解決するのかなということ。

けど、それがいつ治るかはわからないという不安はありますが。

時々、もう治らないんじゃないか、
一生この病気を抱えていかなければならないんじゃないか、
といった不安に駆られることもありますが

その冊子によれば、良くなって自立した生活を送れている人も
たくさんいるようなので、希望を捨てずに行きたいなと。

今日行った病院ではリハビリのようなことをしています。

先月くらいから参加するようになったのですが、
色々なメニューの中から好きな曜日の好きなものを選んで参加する事ができます。

やることはカラオケとか卓球とかそういう簡単なことですが、
まず人の輪の中に入る、ということが自分にとっては難しいことだったりします。

でも何回か参加して、顔見知りになった人もいるし、
ちょっとずつでも打ち解けていけたらいいなぁと思います。

最初に行った時驚いたのは、人の多さです。
年代もさまざま。同じ病気の人ばかりではないでしょうが、
それだけ心の病を抱えている人が多いということですね。
[PR]

by japapa1 | 2008-09-11 18:52 | 雑記